肌の老化を撃退|抗酸化成分の効果を徹底解剖

  1. ホーム
  2. 活性酸素が増えると老ける

活性酸素が増えると老ける

基礎化粧品

生活習慣の見直しも大事

酸素が人間の体内に取り込まれると、その一部は活性酸素となります。適量なら体に良い働きをするのですが、活性酸素が増えすぎると悪影響を及ぼし、強い酸化力で肌や身体をサビさせてしまうので、美容や健康を損なうことになります。お肌の老化を早めたくないなら、抗酸化成分を配合した化粧品を使うようにしてください。お肌が酸化するとコラーゲンが損傷するので、しわやほうれい線、たるみなどが発生しやすくなります。細胞の働きも弱まるので、栄養や酸素を取りこみにくくなり、ターンオーバーが乱れて、シミやくすみも目立つようになるので、老けて見られるようになるでしょう。アスタキサンチン、フラーレン、コエンザイムQ10などには抗酸化作用があるので、活性酸素を除去してコラーゲンの損傷を食い止め、細胞の働きを活性化することが出来ます。抗酸化成分を配合した化粧品を使えば、アンチエイジングに高い効果があるので、老化が気になる方は積極的に利用するようにしてください。抗酸化成分を配合した化粧品を使うと、老化を予防することが出来ますが、それだけに頼っていてもうまくいかないので、効果を高めたいなら、普段の生活習慣を見直すようにしてください。タバコやアルコールを控えたり、紫外線を浴びないように注意したり、ストレスを溜めないような生活を送れば、活性酸素が体内で増えにくくなります。規則正しい生活を送るように心がければ、抗酸化成分を配合した化粧品を使ったときに、より効果を高めることが出来るでしょう。